私に合う酵素サプリってどんなもの?年代別酵素サプリのすすめ

最近は酵素ダイエットなども話題になり、店頭でも酵素サプリなどが、たくさん取り扱われているのを目にしますね。でも種類も多く、どれを選んでいいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

よく分からないから、気になるけど試していないという人もいませんか。サプリを選ぶ基準のひとつに各年代の特徴が挙げられます。

サプリ選びに迷っていたら是非参考にしてみて下さい。

10代は必要なし!

基本的に10代では酵素サプリは必要ないと考えられます。

酵素についてですが、人間は体内で消化酵素と代謝酵素の二つの酵素を作ります。それぞれ潜在酵素といわれる酵素をもとに作られるのですが、この酵素が20代をピークに徐々に減少していく傾向にあります。

20代以降は酵素を食材やサプリから上手に取り入るなど注意をしないと酵素不足になってしまう可能性がありますが、まだ10代であれば自分の体内で作られる酵素で十分に足りているのです。そのためサプリを使用してまで酵素を補う必要がないとされています。

しかし不規則な生活習慣や乱れた食生活が習慣化すると、将来酵素不足になる可能性もありますので、今から規則正しい生活習慣を意識するのも大切です。特に睡眠時に酵素が作られるので、夜更かしせず早寝早起きで十分な睡眠をとることを心がけられるといいですね。

油断は禁物!20代から意識しよう

体内で作られる酵素は20代でピークを迎えるので、20代であれば体内の潜在する酵素が減少していないと考えられます。しかし、20代は生活環境の変化も著しく年代なので、不規則な生活になる人も多いのではないでしょうか。

いくら酵素の量がピークになる年代でも暴飲暴食をしていたり、寝不足や運動不足が続けば代謝は悪くなります。

20代でも油断せず、しっかり睡眠をとって酵素を作る時間を作ってあげることが大切です。また20代から食生活でも意識して酵素を取り入れ始めるのもいいかもしれません。

体内で作られる酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類と前述していますが、もう一つ食材から取り入れられる食物酵素があります。生野菜や果物に多く含まれており、体内で消化酵素と同様の働きをしてくれます。

しかし食材だけで1日に必要な酵素の量を補おうとすると野菜で350g、果物で200gも必要になります。20代では食生活をそこまで意識する余裕を持つことが難しい人も多いと思います。

まだ潜在酵素の量が減少する年代ではありませんが、手軽に酵素を摂取できる酵素サプリで補いながら生活習慣を見直していけるといいですね。

30代は基礎代謝が下がる?!酵素を取り入れて効率よく代謝アップ

30代は20代と比べて代謝が低下する時期になります。疲れやすかったり、なかなかダイエットの効果がでにくかったりと体の変化を実感している人も多いのではないでしょうか。
潜在酵素の分泌はピークを過ぎて減少傾向にあります。

体内で産出される潜在酵素の総量は一定とされていますので、相対的に消化酵素も代謝酵素も作られる量が低下している状態にあります。

酵素には消化酵素が優先的に作られる特徴があるため、同じような食生活をしていると、食べ物の消化に必要な消化酵素の量は変わらないので、必然的に代謝酵素に割り当てられる潜在酵素の量が減ってしまうということが起きているのです。

体の活動を司る代謝酵素が減るので、おのずと代謝が低下してしまうわけです。

20代では食生活が多少乱れていても取り戻せていたものも、30代では同じようにはいきません。なるべく意識的に運動を取り入れる生活をこころがけるとともに、いま一度、食生活も見直してみることをおすすめします。

前述したように食材から酵素を取り入れることもおすすめですが、やはり食事だけでは大変な人も多いと思いますので食材と酵素サプリで効率よく酵素量を維持しましょう!

40代からは本格的に酵素を取り入れる活動を!

40代になると更に酵素が減少します。なんと20代のピーク時から50%も減少してしまうと言われているのです。酵素だけでなく筋肉量も減少するため、30代よりも更に代謝が落ちてくるので、何も対策をしないでいると、どんどん痩せにくくなってしまう可能性も…。

前述したように潜在酵素の量が少なくなると、その少ない量の中で消化酵素と代謝酵素とに分けられるのですが、消化酵素が優先的に作られるため代謝酵素の必要量は年代と共に減少しやすいといわれています。代謝酵素の量を減らさないためにも、食物酵素など体の外から取り入れる酵素が、より重要になってくるのです。

食事や酵素サプリで消化酵素の消費を抑え、代謝酵素量を維持していけると理想的です。また酵素だけ補っていても筋肉量などベースの代謝量も減少したままでは非効率ですので、軽い筋トレや有酸素運動など、ながら運動でもいいので少しでも筋肉量を維持できる心がけも大切になってきます。

代謝の低下予防に、酵素サプリと運動をうまく摂り入れてみるのはいかがでしょうか?

生活習慣を見直せば飲まなくても大丈夫な場合も

ここまで年代別にご紹介してきましたが、一番重要なのは、やはり生活習慣です。
酵素サプリを摂取して酵素量を確保できても、夜更かししたり、暴飲暴食が続いていては意味がありません。規則正しい生活、適度な運動、健康的な食生活を送ることを心がけることも大切です。

睡眠を十分にとれば、しっかり酵素を作ることもできます。食事も食物酵素をうまく摂り入れられるよう、野菜や果物から摂取するようことで生成する消化酵素を助けてくれます。消化酵素を多く使うような脂っこいものなど高カロリーなものを控えるのもいいですね。
代謝も維持できるよう運動も生活の中に取り入れられるようにこころがけることで代謝酵素も効率的に働くことができます。

簡単なことではないですが、少しづつ意識を変えていくことで、酵素サプリを飲まないでも健康で動きやすい体を手に入れることも可能かもしれません。
一緒に健康な体を目指して、酵素力を味方につけつつ生活習慣を見直しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です