消化酵素を正しく使う!こんな生活習慣はダメ

消化酵素と代謝酵素、どちらも生きていくために必要な酵素ですね。
この酵素、消化酵素を使いすぎてしまうと、代謝酵素が減ってしまい代謝が落ちてしまうという事が分かっています。
そこで消化酵素を使いすぎないようにする事が、ダイエット成功にとても重要となるのです。
スリムな体作りのために消化酵素を無駄遣いは今すぐやめましょう!!

夜遅くに食べる食事と大食いはNG!

仕事でどうしても夜遅くまで残業しないといけないという事、あると思います。
ダイエットしていて昼間や朝はあまり食べていないので、夜残業するとものすごくお腹が空いてしまう。
そしてついつい食べてしまうという人もいるでしょう。
夜遅くまで開いているお店も多いので、ついつい入って食べてしまいますよね。
そういう時に限って、ラーメンとか食べたくなってしまうものです。
でも、夜8時以降の食事って太りやすいんです。
夜の8時から翌朝の4時までの時間帯、体の中では消化と吸収が行われています。
食べたものの栄養素を消化吸収、そして代謝するのです。
だからできるだけここで代謝酵素を働かせてあげたいのですが、もし夜遅くに食べた場合、まずは消化しないと
いけないので、消化酵素がフル稼働するのです。
早く消化しないとって体の中で消化酵素がいっぱい使われてしまうのです。
そうなると代謝酵素が作り出される量が減ります。さらに栄養素の吸収も十分に行われません。
夜遅くに食べてすぐに寝てしまうという状態が一番ひどいです。
寝てしまうと消化酵素の働きも止まってしまうので、消化されないままで気分が悪くなったり、胃がもたれる、
翌朝になってもお腹が空かないというような状態になるのです。
胃の病気にも繋がると言われています。
大食いの場合も同様に消化酵素がフル稼働します。食べたもの全部をちゃんと消化させなくちゃと働くのです。
そうすると大量に食べた分、大量の酵素が必要になります。そこで消化酵素が使われてしまって代謝酵素が作られる
ほうへまわらないのです。

激しい運動を食後にしてはいけない

食べ過ぎたならしっかり動けばいいんじゃないって思う人もいるでしょう。
確かに太らないために運動して消費カロリーを増やすというのは分かります。
それで食べ過ぎた分をチャラにするのだってできないわけではありません。
しかしこれは食べてしばらく休憩してからにしましょう。
食べてすぐは、ちゃんと消化活動へ酵素をまわしてあげないといけません。
もしすぐに激しく運動をした場合、胃の中に食べ物があるので、気分が悪くなったり、消化不良が起こります。
運動のおすすめ時間は空腹時とされています。
脂肪を燃焼させるには有酸素運動ですね。
有酸素運動は、ジョギングや水泳、エアロビクスにウォーキング、ジョギングなどがあります。これらを行えば脂肪が燃焼されます。ここでもう1つ大事なのが、運動してすぐに食べ物を食べないという事です。
運動後は、代謝が良くなっているのですが、この時に食べ物を食べてしまうと吸収率が高くなるのです。
お相撲さんは運動してすぐに食べて太るようにしていると聞きますので、運動後に食べるのはNGだって分かりますよね。
酵素をダイエットで使いたい場合も、空腹後に使うのが良いです。酵素サプリメントを飲んで食べ物を食べることで
消化酵素がしっかり働いてくれます。

動物性たんぱく質の取りすぎ

酵素の含まれているタンパク質もありますので、それらを食べてはいけないとは言いませんが、脂肪分の多い食べ物は避けるべきです。脂肪分が多い、脂っこいものの場合、それだけで消化に時間がかかります。そして消化酵素も大量消費されてしまいます。消化しきれなかった場合、それが腸内に残って、便秘になってしまったり、体臭や口臭の原因にも繋がります。肉や魚、食べてはいけないのではなく、食べすぎには注意してくださいね。
お肉やお魚の消化を助ける食材を一緒に取り入れると良いでしょう。

スイーツも危険がいっぱい

砂糖類、色々な種類があります。ショ糖や乳糖、麦芽糖などありますね。これらは二単糖類と呼ばれます。
これを消化するためには多くの酵素が必要です。
そのためこれらが沢山使われているお菓子を食べると、消化酵素が沢山必要となってしまうのです。
それでもスイーツってやめられないですよね。
ならばできるだけ糖質を抑えた商品を選んでみるとか、可能であれば果物などを食べて空腹を満たしてあげるのが一番です。最近は砂糖不使用のスイーツもありますから、そういったものを選んでも良いですね。

化学薬品が怖い

風邪薬、あなたは飲んだりしますか。頭痛薬などもそうですが、定期的に薬を使っている人は、薬に頼りすぎてしまって本来の免疫力が発揮されていないケースがあります。体力をつけるためにも、少しの事で薬に頼らないでしっかり規則正しい生活を送って病気を防ぎましょう。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。